清雅会トップページ > 入院治療
ENTER HOSPITAL 入院治療
安心して受けられる歯科医療設備

当院では、通常の通院や治療が困難な方などにも、歯科治療を安全に受けることが出来るよう入院治療を行っています。 また、安心して治療を受けていただくために、血圧計、心電図、麻酔(静脈内鎮静法)などを用いて治療および退院までの体調を管理いたします。 詳しくは担当の歯科医師にご相談ください。

対象となる方

  ○さまざまな疾患に対して予防、防止が必要な方(高血圧症、狭心症、不整脈などの循環器疾患、
   脳梗塞などの脳血管障害、喘息などの呼吸器疾患、糖尿病などの疾患)
  ○通常の通院が困難な方(脊髄小脳変性症や関節リウマチなどの神経筋疾患。脳硬塞などの脳血管障害の
   後遺症による自立歩行困難。杖歩行、車椅子等介助が必要であり、通常の歩行、移動が困難な方。
   慢性呼吸不全などの呼吸器疾患で通院が困難な方。
  ○訪問歯科診療では対応できない処置が必要な方
   (多数歯のう蝕があり、抜歯や神経の処置、つめもの、金属冠の作製など、全体的な歯科治療が必要な方)
  ○ 遠方にお住まい、あるいは、忙しくて通院が難しい方。

治療の流れ

  1 初  診   術前に1度ご来院いただき診察をします。
  2 術前検査   必要に応じ術前検査を行います。
  3 治療・手術  ご来院のうえ治療を受けていただきます。
    ※鎮静薬を使用する場合は、公共の乗り物またはタクシー等でご来院ください。
    また、できるだけご家族の方のお迎えをお願いいたします。

病室のご案内

トイレ、バス、洗面台のある部屋・・・1室
シャワー(座ったままでも可能なタイプ)、トイレ、
洗面台のある部屋・・・1室
トイレ、洗面台のある部屋・・・1室

全室液晶TV・エアコン完備
食事はその方の症状に合わせてお出ししています。
きれいで清潔感ある個室です。

付き添いの方が一緒に泊まれる部屋も1室あります。
担当医、看護師が、入院された患者様の様態を管理するため、当直しています。

病室イメージ
当日の持ち物

  ○入院の手続きに必要な物
   健康保険証、診察券、医療受給者証(老人・障害・乳児などの方)と、当院からお渡しした入院保証書。
   ※入院保証書の連帯保証人欄は必ずご本人の記入・捺印をお願いいたします。
   手続きはIF受付で行います。

その他ご用意していただく物

  湯のみ、箸、スプーン、洗面・洗髪用具、ティッシュペーパー、スリッパ、
  下着、タオル、バスタオル、ねまき。

入院治療についての注意点

  ○治療日は完全予約制です。
  ○処置当日は付き添いが必要な場合があります。
  ○治療前日は就寝以降絶飲絶食となります。
  ○当日の体調によっては安全を期して治療を中止する場合があります(風邪等)。
  ○術後は消毒や抜糸などで外来受診していただきます。
  ○治療が終わっても半年に1回程度の定期的な検査が必要です。



障害者歯科治療
安心して受けられる歯科医療設備

当院ではハンディキャップを持った患者様の治療を、通院が困難な方は訪問歯科治療で、通院できる方は通常の診療室で行ってきました。しかし訪問歯科治療では難しい処置もあります。 そこで当院では、車椅子の方も安全に来院していただけるようエレベーターを完備し、3Fの個室型診療室で集中して治療を受けていただけるようにしました。 診療用チェアーには手すりがあり、全体がリクライニングにすることよって、足の不自由な方にも楽な姿勢で治療を受けていただけます。 また、緊急時にも対応できるよう、安全性を考えた最新の設備を備え、必要な場合は、麻酔による鎮静法などで患者様の安全管理に配慮しています。 その他、3F診療室では、有病者や高齢の方についても同様の治療を行っています。1Fと3Fには車椅子のまま入れる多目的トイレも設置しています。

詳しくは訪問受付または1F総合受付へお問い合わせ下さい。
TEL.0120-18-4658  1F総合受付
TEL.0120-80-4658   訪問受付

3Fの個室型診療室
広々としたエレベーターホール